機能性を重視してiPhone6ケースを選ぶ

iPhone6ケースは種類も豊富

iPhone6ケースは種類のデザイン、また素材も豊富ということが出来ます。ですが最も重視したいのはその機能性ということが出来、機能性に優れたiPhone6ケースを紹介していきます。
代表的なモノが手帳型のケースでiPhone6は基本としておサイフケータイ、スイカといった機能を使用することが出来ません。ですが手帳型のケースのほとんどがスイカ、ワオンカードというICカードを後ろの部分に差し込むことが出来るので一体化することが可能です。
あと一般的なiPhone6ケースとしてシリコンタイプ、TPU、ハードといったケースがあり、素材の相違により手触りや強度が異なります。シリコンは柔らかく弾力性があるから落下などの衝撃に強いのですが劣化が激しいのがデメリットです。TPUは耐久性が強いのですが時間の経過と共に黄ばみが気になります。
またiPhone6ケースは種類、素材により相場も違ってきます。シリコンケースは純正品が3500円くらいで非純正品だと1000円程と安価に購入できます。TPUのケースは1000円から1500円くらいで、ハードケースは2000円程が相場と言えます。手帳型のケースは布製のモノだと2000円~4000円程、革製のモノだと安価なモノでも3000円、質がいいモノだと10000円以上もするものがあります。

変わり種のiPhone6ケース

iPhone6ケースはごく普通のタイプを使っている人がほとんどでしょうが、たまには気分転換に変わり種のiPhone6ケースを使ってみてはどうでしょうか?
例えばですが、背面がライターになったiPhone6ケースなどはどうでしょうか?実際に本物の電子式ライターが背面に付いている物で、そのインパクトはかなりの物です。ライター自体は薄型ですので特別邪魔になるような事もありません。タバコを吸う人は自分で使えますし、タバコを使わない人は飲み会などで使うと盛り上がる事間違いなしです。
他にも、キーボード付きのiPhone6ケースなんていう物も存在します。これはそのままなんですが、ケースにキーボードが付いています。物理的なキーボードですのでタッチ感も良く、iPhoneの画面で打ち込むのが苦手という人にオススメです。それから、やはり人前で使うと盛り上がります。
それから、財布一体型のiPhone6ケースなんていう物も面白いですよね。財布として使えるというのではなく、本物の財布なんです。iPhoneを使う度に財布ごと出す事になるので使い勝手はよくありませんが、財布をどこかに忘れる、もしくはiPhoneをどこかに忘れるなんて事が無くなりますので案外メリットもあります。
どれもウケ狙い要素が強いのですが、人によっては役に立つ事もあるので一つくらい購入してみても良いのではないでしょうか?

UPDATE LIST

2017年08月23日
同じ商品が販売されていないか事前に確認しようを更新しました。
2017年08月23日
ショップの通販サイトを見てみようを更新しました。
2017年08月23日
多彩なiPhone6ケースのデザインを更新しました。
2017年08月23日
奇抜な雰囲気のあるiPhone6ケースとはを更新しました。

Copyright(C)2017 自分好みのiPhone6ケースを賢く選ぶ方法 All Rights Reserved.